カンジダの治療

カンジダの治療としては、膣内に薬を入れるタイプの治療が多いと思います。膣内をきれいにしてから薬を入れ、1週間位で良くなるそうです。

治療方法としては、病院に行って薬を出してもらう。もう一つは自分で薬を買って治す方法があります。

初めてカンジダになってしまった方などは、自分で治す方法より病院に行ってこのようにして治してもらった方が安心できると思います。

2、3回カンジダにかかってしまって、自分でも感覚がわかっている方は、自分での治療でも大丈夫かと思います。

カンジダ市販薬


カンジダ用の市販薬はチェックシートを記入後、薬局などで購入が可能です。ただ、薬局などでの購入が出来ない時などは、通販で購入することも可能です。

モニスタットは膣内に入れてカンジダを治療する市販薬です。アメリカではもっとも信頼のあるカンジダ用の市販薬として利用されています。モニスタットには3日間と7日間の2種類あり、7日間タイプの方が薬の強さを弱めているタイプになってます。



カンジダ菌の検査


カンジダは自然に起る病気でもあります。これは膣内がストレスや体調不良などでアルカリ性になっているのが原因です。このアルカリ性を酸性にすればカンジダ菌は死滅してくれます。

食事方法やじっくり睡眠をとるなど、自分にあった体調回復方法があると思います。それをすることで、カンジダを治すことが出来ます。ただ、トリコモナスなどの感染が考えられる場合は検査薬などもありますので、実際の状態を調べてみるのも一つの方法と思います。



サプリメント


オレガノのハーブが昔からカンジダに効果があると言われてます。オレガノはさまざまな細菌感染症やウイルス感染症の治療に用いられてました。

オレガノは非常に強力な抗真菌作用を持ったハーブになります。その成分はチモールとカルバクロールというフラボノイドです。オレガノはカンジタ菌除菌のハーブとしてアメリカでは最もポピュラーなハーブの一つになってます。

膣内で薬を使わなくても、これでカンジダが改善が見込めますね。

カンジダの再発防止


カンジダは一度発症すると、なぜか再発してしまうケースが多くあり、女性の多くの方が再発で悩んでいるのも事実です。その理由として、カンジダ菌への免疫力の低下などが考えられていますが、ハッキリした原因は分かっておりません。

そんな中、カンジダ再発の予防を手助けしてくれるのが、カンジダ菌に効果があると言われる3つのハーブです。「パウダルコ樹皮」「黒クルミ」「オレガノ」の3つです。

この3ハーブで、カンジダ菌に負けない体つくりができます。カンジダの再発の度に薬を使うのはとても辛いと思います。一度このようなハーブで体つくりを考えてみるのも一つの方法かもしれませんね。