カンジダの原因

カンジダは性病と考えられていますが、実は体の体調不良などで膣内にカンジダ菌が発生する症状なのです。

性器の症状なので性病ではありますが、一般的に考えられているクラジミアや淋病などとは少し違っています。

そこで、カンジダの症状の原因ですが、これは先程でも書いていますが、膣内にいるカンジダ菌が膣内で増えてしまうのが原因です。

どうして、カンジダ菌が増えるのかと言いますと、通常膣内は酸性で保たれています。しかし、体の不調やストレス、病気などで免疫力低下などで膣内の酸性が弱くなることでカンジタ菌が活発になります。カンジダ症の時の膣内はアルカリ性になっています。

しかも、カンジダ菌とは一種のカビの菌なのです。特に女性に多い病気になっておりますが、性行為で感染することはなかなか考えにくく、感染するとしましたら女性から男性のパターンがほどんどになると思われます。

その理由として、カンジダ菌は男女関わらず、すべての人が持っている菌だからです。男性は特に露出しているので、菌が繁殖することが難しくなっているので自らの発症はあまりないですが、包茎や仮性包茎で清潔にしていないと発症してしまう恐れはあります。